FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乱万丈の「ドッグ・ラン」デビュー^^

はっさくの「ドッグ・ラン」デビューは 昨年の今頃でした。

3回のワクチン、狂犬病の予防注射、去勢手術、術後の抜糸、外を散歩する喜び・・・
すべての準備を整え「いざ!ランデビュー!」に!!!

しかし・・・この「ラン・デビュー」が・・・とんでもなく「波乱」に・・・

今日も、長いよ~~~
文章、多いよ~~~
「垢抜けたブログ」はムリです~~~

初めての「ドッグ・ラン」に 私と‘おとう’は少しドキドキ

「はっさく喜んで走るかな?」
「他のワンちゃんと仲良く出来るかな?」

なんて心配しながらも「きっと楽しいはず!」と期待マンマンで 幼いはっさくを連れて「ドッグ・ラン」の門をくぐったのでした。

ランに到着すると先客が2組。

片一方は女性2人と5歳ぐらいの小さい女の子。ミニチュア・ダックスちゃんを連れてました。

もう一方は、トイプードルの「オフ会」らしくて8人ぐらいの男女と沢山のトイプーちゃん達(10頭ぐらい)がいました。

私たちがランに着いた時は2組とも「カフェ」スペースで、それぞれ食事したり、お茶を飲んで休憩されてました。
ランには誰も居ない状態。
‘おとう’と私は、はっさくを誰も居ない「ラン」に離してみました。
はっさくは離してあげると喜んで「ラン」の中を走り、それを見て私もおとうもメッチャ嬉しくて
「連れてきて良かった」と早くも思ってたんです。

はっさくが、ひとっ走りして私達もカフェ・スペースでお茶を。

記念にパチリ

ran1.jpg
楽しくて仕方ない私とはっさく

お茶を飲んで、またランへ。
このランは2つに仕切られてて片方には「トイプー軍団」が遊んでたので、私たちはもう一方のラン内へ。
そこには女性2人女の子ダックスちゃんが。

はっさくを離すと、はっさくは真っ直ぐにダックスちゃんの方へ近づいて行きました。
でもね・・・何か・・あちらの雰囲気が・・・
???と私が思った時は、はっさくが女の子の横に立ってました。
次の瞬間、女の子は「ペシッ!」と はっさくの横っ面あたりを叩いたんです
私と‘おとう’は慌てて はっさくの元へ・・・
小さい女の子ですから叩かれた はっさくにケガ等は無かったんですが・・・
驚くべき事に、叩いた女の子の保護者であろう大人の女性2人は謝りもせず
女の子に「アカンやろ~」とニヤニヤ笑いながら注意しただけでした・・・

叩かれたのもビックリしたんですが、女の子がはっさくを叩くとき、はっさくの方を見もせずに叩いたのには もっとビックリしました。

言っておきますが、はっさくは女の子の横に立ってただけです。
クンクンもしてなかったし、飛びついたりもしてません。
女の子も、はっさくを怖がったりはしてなくて「イヤ」とか「あっち行って」とかの言葉もなく無言で無表情のまま「手」だけ動かして「ペシッ」と叩きました。

再びカフェスペースに戻った私たち。。。
おとうの顔には‘怒り’が。。。
ランに入ろうにも片方は「オフ会」で和気藹々としてて知らない人間が入りにくいし、もう一方は犬叩く子が居るし・・・
しまいに‘おとう’が
「なんどい!こんなんがドッグ・ランか!?」
「河原で、はっさく走らせて一緒に遊ぶ方がよっぽど楽しいわい!」
「もう、帰ろう!!」
と言い出すし・・・

私は、はっさくの初めての「ドッグ・ラン」が最低の思い出になるのはイヤだった・・・
はっさくにも「ランって楽しい」って思って欲しかった・・・

「怒り」でムスーっとしてる‘おとう’・・・
叩かれてもランに行きたがる はーちゃん・・・

愛する二人の為!「ドッグ・ラン楽しい」と思うため!
私は、勇気を出す事に!!!!

「帰ろう」と言う おとうに
「ちょっと待って、トイプー軍団に「はっさくも入っていい?」と聞いてみよう!
それでもアカンかったら帰ろう」
と、おとうを説得。

そして意を決して「トイプー軍団」の居るランへ・・・

「た の も~~~!!!」



この後の、はっさく一家の運命はいかに!?

後半へつづく・・・



写真少なすぎる
今日のブログに
    フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こういう場面・・・多々ありますね。
うちは耳を引きちぎられてしまうエピソードがありました。。。
こんな風に言うのはなんですが。結局最後は「ランを使う人のモラルの問題」なんですよねv-16
雰囲気のいいランを探して、今は2つほど会員になっていますが
二度と行かないランもいくつかあります・・・。
困ったもんですよねv-40

ゆるせんっ

その女の子に言葉は

「たたいたらあかんやろーー」と言葉は柔らかく、目は鋭くたしなめるかな、ワタシなら・・・。そして終始その女の子をにらむ。

その親は最悪!!うちの子がおったらダックスしばきかえしたったのに!!
あ、それではうちもレベルが一緒になりますね♪

店の人に言ってもらうのが一番かな?

和音ママさま へ

コメありがとうございますv-363

耳をひきちぎられるエピソードですって~~v-12
怖すぎます。。。
おっしゃる通り「利用する人のモラル」が問われますよね。。。
後編にも詳しく書くつもりですが「モラルの無い方」でした。。。

みりんち様 へ

コメありがとう~!

「楽しみ」に連れて行ったランやったから、かなりビックリしたよ!
小さい子のした事やから文句言わなかったけど向こうの保護者の態度はホンマに「ハァ~!?」ってかんじやったわ!!!

ええオーナーさんのいる「ドッグ・ラン」なんやでv-290

例のドッグランやね

JOEは口に出してしまうわな。
子供にも親にも・・・聞こえるような独り言を(笑
躾がなって無い飼い主がおるからなぁ・・・

JOEはコロんに乗ったりする仔には初対面でも
「ダメ」って言ってお尻軽く叩きます。
話に夢中で自分のワンを見てない人って結構居たりするし。

今月下旬くらいになったらランにもまた出没できるように
なるんかなぁ;;;
自分も早くエアコンから開放されたい!!
体がだるいよー(T_T)

初ドックラン

こういうのありますよね。
ボンリコの場合、初ドックランでラブラドールに目の上を咬まれまして流血大事件に発展した事があります。

それ以来、ボンママ(妻)はドックラン恐怖症で大きなワンコが苦手に成りました。ボンには可愛そうな事をしたと私も反省しています。皆が同じだとは思ってはいけないという事を胆に命じました。
その当時、ドックランに来るワンコは人や犬を咬まない物と盲信的に信じていた私は、完全に油断しました。その後、ボンが大きな犬にも物怖じせず、近づいたり遊んだりしているのが何よりの救いです。思いだした物で長文スイマセン。後半も期待してます。

No title

え~!許せん<`ヘ´>
躾がなってなさすぎる!
なにもしてない子に手を出すなんて!
初ドックランの思い出を…

ドックランって色んな人が来るから
マナーの悪い人もたくさんいますね。
きなこもランで遊ばせていた時に
嫌な思い出できちゃった。
だから勇気を出してトイプー軍団に
「たのも~」した後半がめっちゃ気になる!
後半期待してますよ~!

追伸:マムさん御綺麗だわぁ♪

JOEさま へ

コメありがとうございますv-290

あのランはママさんも大好きだし良いランなので今でも大好き!
けど、初めて行った時にこんな事があったんです^^
一瞬の出来事やったし私ら以外見てなかったから・・・

「我が子」から目離したらアカンよね。
マウンティングは「去勢」してるから言うても爪立てるしケガするから危ないのでJOEさんの対応が正解v-426だと思います。
うちの「バカ息子」も調子に乗って、乗っかろうとする時あるから目離さないようにしてます。
(コロん嬢にも乗っかりかけて・・・おマタもスンスン・ペロして・・・すんません)
10月なったら、家もまたランに行きたいな~と思ってます♪

ボンパパさま へ

コメントありがとうございますv-290

そんな怖い事が!ママさんが「ラン恐怖症」になったのメッチャわかります。
ボンリコ君が「トラウマ」にならなくて本当に良かった~!!
「噛む子」はドッグ・ランに連れて来たらダメですよね。
このランはオーナーさんが「遊び方を知らない子」が来たら隔離したりワン子達がケガせず遊べるように、ちゃんとしてくれてるランなのですが「人間」に叩かれてしまったので・・・
先に叩かれたとしても、もしはっさくが女の子を噛んだら悪いのは はっさくです・・・それでケガでもさせたら・・・ゾっとします。
叩かれて痛かったのか「お母さんオレ叩かれた~」と私の所にすぐ来たので良かったです。。。

トロ紅きなこ様 へ

コメありがとうございますv-290

そーなんですよ~!!!
近づいただけで叩かれたので本当にビックリしました!
しかも自分たちも犬連れて「ドッグ・ラン」に来てるのに謝ってもくれないなんてv-12
そんな人も居るので気をつけないと。

きなこ嬢も「いやな思い出」が?かわいそうにTT
コメント読んだら皆さん「いやな経験」が・・・
切ない気持ちになります。。。

後編は良い展開なので安心してね!!
「お綺麗」だなんて~~~e-266
照れますわワタクシ オホホv-291
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。